2020.07.01

有限会社ボギーコーポレーション(沼津市)

子供服小売
破産手続開始
負債総額 約1億1500万円


この記事のタイトルとURLをコピーする

有限会社ボギーコーポレーション(沼津市西間門)は、6月8日に静岡地裁沼津支部において破産手続開始決定を受けた。
当社は昭和35年に法人改組された子供服小売業者。創業当初は地元商店街にて洋品店を運営していたが、その後、ショッピングセンターへテナント出店し、デザイナーズブランドの子供服小売の業態に転換。最盛期には計4店舗を運営していた。
しかし、同地区にファストファッション店舗の進出が増加し、また少子化による子供服需要の減退から売り上げが減少。そのため不採算店舗を閉鎖し経営改善に努めたが、収益の悪化がすすみ、資金繰り悪化の解消のメドが立たなかったことで、全店舗を閉鎖し事業を停止していた。
負債総額は約1億1500万円とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter