2020.06.18

福田観光株式会社(静岡市)

観光ホテル運営
破産手続開始
新型コロナウイルス関連


この記事のタイトルとURLをコピーする

福田観光株式会社(静岡市清水区三保)は、6月3日静岡地裁において破産手続開始決定を受けた。
当社は昭和25年に三保半島に「福田屋旅館」を開業、その後三保シーサイドホテル福田屋の名称で観光ホテルの運営を手がけていた。
しかし、バブル崩壊後の観光業の低迷から業績は悪化傾向を辿っていた。平成25年6月には三保松原が富士世界文化遺産の構成遺産に登録されたことで、一時にぎわいが回復していたが業績回復には至らず、経営難で資金繰りが厳しい中、新型コロナウィルスによる自粛の影響から予約のキャンセルも相次ぎ、先行きの見通しも立たなくなった事で当事態に至った模様。
負債総額は1億4300万円内外とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter