2020.06.09

株式会社川嶋昆布(富士市)

水産物加工販売
自己破産準備
負債総額 約2億2000万円


この記事のタイトルとURLをコピーする

株式会社川嶋昆布(富士市中里水門前)は4月30日を以って事業活動を停止し、事後処理を弁護士に一任し、静岡地裁富士支部へ自己破産申請の準備に入った。
当社は昭和63年に設立した水産物加工販売業者。食品· 土産物販売業者を対象に、わかめや昆布、ひじきといった水産物の乾燥から袋詰めなど各種加工販売を手掛け、ふりかけや土産物用の乾物なども取り扱っていた。
しかし、観光景気の低迷や競合激化などもあっで慢性的に経営不振が続いていたようで、資金繰りにおいても既往の設備投資に対する借入返済が重く、さらには新型コロナウィルスの感染拡大に伴い各地の観光関連業者が休業を余儀なくされたことから売上高は更に落ち込み、回復の見通しも立たないことから事業継続を断念し今回の事態に至った模様。
負債総額は約2億2000万円とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter