2020.03.18

株式会社静岡アトム(藤枝市)

飲食店運営
自己破産申請
負債総額 約2億5000万円


この記事のタイトルとURLをコピーする

株式会社静岡アトム(藤枝市田沼)は、2月21日に静岡地裁へ自已破産を申請した。
当社は昭和60年に法人改組した飲食店経営業者。回転寿司のFC店を経営する目的で創業され、近隣の市町村に多店舗を展開し、その他にとんかつ店も経営するなど積極的に事業を行っていた。その後、不採算回転寿司FC店を直営の焼き肉店やFCのラ一メン店などに業態変更しながら店舗数を増やしつつ経営していた。
しかし、焼き肉店はBSE問題の影響で集客が減少したため閉店、とんかつ店も区画整理に伴い店舗用地が収容されて閉店し、ラ一メン店も相次いで閉店していた。その間、平成19年にかに料理店を、すし・かに・しゃぶしゃぶ店にリニューアルオープンして、長らく1 店舗のみで経営してきたが、景気低迷が続くなかで外食産業を取り巻く環境が悪化し、さらには店舗の出退店に伴う資金調達により借入負担が重く、資金繰りが厳しくなり、今年1月21日に事業を停止していた模様。
負債総額は約2億5000万円とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter