LINE@バナー

2020.02.28

笹原水産株式会社(沼津市)

生鮮魚介卸
自己破産準備
負債総額 約4億9600万円


この記事のタイトルとURLをコピーする

笹原水産株式会社(沼津市西島町)は、2月10日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自已破産申請の準備に入った。
当社は昭和48年に法人改組された生鮮魚介卸業者。伊豆半島地域の飲食業者、ホテル・旅館業者、スーパーなどの小売業者を得意先に、冷凍品を主力に300品目以上の魚介を卸販売していた。また近年は水産加工品製造にも注力し「イカ塩辛」「イカ三升漬」が沼津ブランド品に認定されていた。
しかし、過去に北海道内で塩干品の加工場を立ち上げたが軌道に乗らず閉鎖。この設備投資に際し借入依存が高まり、さらに得意先の業容縮小や倒産、同業者との競合により売上が減少、採算面も悪化し資金操作面は多忙を強いられるなか、回復のメドが立たず、今回の事態となった模様。
負債総額は約4億9600万円とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter