LINE@バナー

2020.02.26

株式会社冨士見荘(愛知県蒲郡市)

旅館経営
自己破産準備
新型コロナウイルス関連


この記事のタイトルとURLをコピーする

株式会社冨士見荘(愛知県蒲郡市西浦町大山)は2月21日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産の準備に入った。
当社は蒲郡市の西浦温泉で観光旅館「冨士見荘」を経営。三河湾を望む景観と新鮮な魚介類を売りに事業を展開していたが、平成25年8月には業績不振による資金ショートから行き詰まりを表面化していた。
その後も事業は継続され近年は中国人ツアーの受け入れに注力し、多くの中国人観光客が利用していた。こうしたなか、昨今の中国で急拡大した新型コロナウイルスの影響で同国からの団体ツアーのキャンセルが相次ぎ、また春節の大型連休と重なることもあり、見込んでいた需要が確保できなくなったため、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した模様。
負債総額は調査中。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter