LINE@バナー

2020.01.22

協和ハウヂング株式会社(三島市)

不動産仲介
破産手続開始
負債総額 約9億2400万円


この記事のタイトルとURLをコピーする

協和ハウヂング株式会社(三島市西若町)は、2019年12月24日に静岡地裁沼津支部において破産手続開始決定を受けた。
当社は昭和48年に設立した不動産業者。長年にわたり地元個人客を主力顧客として、中古住宅や分譲地の販売のほか、住宅や商業店舗の仲介を手がけていた。
しかし、バブル崩壊後の不動産不況を背景に、所有していた販売用不動産の含み損が膨らみ、同不動産の購入に際して調達した銀行借入の返済も困難となっていた。さらに同不動産の処理に伴う損失で大幅な債務超過に陥っていた。そのような中、近年は不動産仲介に絞った営業展開を余儀なくされ売上が激減。多額の借入が重荷となり資金繰りが限界に達し、今回の措置となった模様。
負債総額は約9億2400万円とみられる。

この記事のタイトルとURLをコピーする

倒産情報一覧ページに戻る

最新情報はfacebookとtwitterでチェック!よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

facebook

twitter